サーフィン初心者にソフトボードをおすすめする理由

SPORTS

これからサーフィンを始めたい。

初めてサーフボードを買うけど、どうしよう?

ソフトボード(スポンジボード)をご存知でしょうか。

サーフショップのレッスンでよく使われているボードです。

これからサーフィンを始めたい方におすすめです。

理由は、値段が安く耐久性に優れており、

安全に楽しく始めることが出来るからです。

自分に合ったソフトボードの選び方も解説しているので、

最後まで読んで頂けたら嬉しいです。

値段が安い

価格帯は約1万円~8万円となっています。

値段にばらつきがありますが、

新品のサーフボードと比べると約半額の値段です。

嬉しい事に、フィンやリーシュコードも付いてくる事が多く、

更にお得ですね。

最初はあまりお金をかけたくないという人におすすめなのは、

コストコのWAVESTORMというソフトボードです。

約1万円でフィンやリーシュコードも付いてきます。

安全に出来る

サーフィンに「怪我」はつきものです。

多い怪我の一つに、

サーフボードが自分にぶつかって怪我する事があります。

当たり所が悪ければ大怪我になる事もあります。

ソフトボードは柔らかい素材でできているので、

サーフボードと比べると安全です。

私もソフトボードでサーフィンしている時に、

ソフトボードが顔に直撃した事があります。

さすがに痛いですが、大怪我にはなりませんでした。

楽しく始めれる

サーフィンは難しいスポーツです。

最初はボードに立つ事すらなかなかできません。

難しいだけにボードに立てた時はめちゃくちゃ嬉しいです。

長く立てれるようになってきたら楽しくてしょうがないです。

ソフトボードは「浮力」が多いです。

この浮力が多い程、

パドリングがしやすくテイクオフも容易です。

ソフトボードはサーフィンの楽しさを知る為に、

最適なボードと言えるでしょう。

小波でも大丈夫

波が小さい状態だと波に勢いが無い為、

テイクオフする事が難しくなります。

小波の時は浮力の多いボードを選ぶ必要があります。

つまり、ソフトボードは小波の日でも大丈夫と言えます。

また、上達してからでも小波用として使う事もできます。

ソフトボードの選び方

ソフトボードのサイズ

サーフボードのサイズを大きく分けると、

ショートボード、ファンボード、ロングボード

の3種類になります。(細かく分けると他にもあります)

初心者におすすめはファンボードです。

ファンボードのサイズは、6’6~8ftほどの長さになります。

いずれショートボードやロングボードに挑戦したい

という人でも、ファンボードからだと移行しやすいというメリットもありますよ。

ノーズの形状

ノーズとはサーフボードの先端部分の事を言います。

細く尖った形状と、広く丸い形状のものがあります。

・尖った形状は、ターンやアクションでのキレが向上
・丸い形状は、安定性が向上

初心者には広く丸い形状がおすすめです。

フィンの数

サーフボードのフィン

サーフボードのフィンは、船でいうところの「」の役割を果たします。

・シングルフィン(フィンが1枚):ダイナミックなターン、スピード向上
・ツインフィン(フィンが2枚):横への動きが容易
・トライフィン(フィンが3枚):バランスのとれたパフォーマンス
・クワッドフィン(フィンが4枚):横への動き+安定性向上

初心者には最もスタンダードなトレイフィンがおすすめです。

まとめ

サーフィンは難しく、お金もかかるスポーツです。

ソフトボードでサーフィンを始めることによって、

そのハードルが少し下がるのではないでしょうか。

ソフトボードを購入して、安全に楽しくサーフィンを始めよう。

上達してもセカンドボードとしても使えるので無駄にはなりませんよ。

タイトルとURLをコピーしました