新SNS「クラブハウス(Clubhouse)」を分かりやすく解説します

LIFE

話題の新SNSアプリ「クラブハウス(Clubhouse)」をご存知でしょうか?

招待されないと使えない為、まだアカウントを持っていないという人も大勢いるだろう。

クラブハウスがバズっているのには理由がある。

それは、招待制でありメンバーが招待できる人数も2人だけという点である。

その為、限られた人だけ使えるという特別感があるからだろう。


もちろん、それ以外にも人気が出ている理由はたくさん有る。

例えば、芸能人も続々とクラブハウスに参戦しており、

芸能人同士の会話を盗み聞きしたり、

運が良ければ会話することもできるかもしれない。

これから日本で大流行すること間違いない「クラブハウス」について、

特徴や始め方、今後どんな使われ方をしていくのかについて紹介します。

クラブハウスの特徴

アメリカで開発された新SNS「クラブハウス(Clubhouse)」が

2021年1月から日本のApp Storeで入手が可能となった。

ただし、招待性のためダウンロードしただけでは利用できません。

また、クラブハウスはiOSでのみ提供されており、

Androidは非対応、日本語表示も対応していません。

今後、クラブハウスの資金調達により、

Android版の対応など、機能の拡張がすすめられる見込みです。

音声版Twitter

クラブハウスは「音声版Twitter」と説明されているのをよく耳にします。

Twitterと似ている点は、世界中の人とリアルアイムで繋がれるという点と、

不特定多数の人と繋がれるという点で、

ユーザー同士の繋がり方はTwitterと同様と言えるでしょう。

似ていない点は、クラブハウスは音声のみのSNSであり、

録音は禁止されている為、その時の会話を楽しむだけであり、

後には何も残らないという点です。

Twitterのように、文字に残る事は無く、

リツイートして拡散する事や、いいねやコメントするといった事も出来ません。

後に残らないので、気軽に参加する事ができそうですね。

「room」について

アプリを起動後に「room」と呼ばれる会話スペースが表示されます。

この「room」を通してユーザー同士が繋がれるという事になります。

roomへは自由に出入りする事ができ、

オーディエンスとして参加し、

挙手ボタンを押してモデレーターが承認すれば会話にも参加できます。

  • モデレーター:主催者であり、roomでの司会進行を担う。
  • スピーカー:roomの会話に参加している人。
  • オーディエンス:会話には参加せずに聞いているだけの人。

この様な役割でroom内での話が展開されていく。

司会者・話し手・聞き手が居るという形は、

コミュニケーションの基本的な形であり、

テレビや講演会、パーティー等でよく見る光景ですよね。

つまり、roomによっては、

テレビのバラエティー番組の視聴者として参加できたり、

好きな有名人の講演会に参加したり、

パーティーに参加して色々な人と会話を楽しむ。

といったように、人によって色々な楽しみ方ができそうですね。

・roomの退出する時
トークルームの下にある【Leave quietly】のボタンを押せば退出できる。

・roomの開き方
トップページの下にある【Start a room】をクリック
【+Add a Topics】をクリックしテーマを書く
roomの種類を選んで【Let’s Go】をクリックで完了

始め方

クラブハウスのユーザーであり、連絡先にお互いの電話番号が登録してある事が条件のようです。

招待してもらう

・招待する人
①アプリ内のメールマークをタップし紹介したい人を選ぶ
②招待コードをSMS送信する

・招待される人
①SMSにクラブハウスから専用URLが届く
②ここをタップすると自動的にアプリが起動
③プロフィールを作成していく

ウェイティングリスト

①アプリをダウンロード
②ID登録しウェイティングリスト待ちにする
③電話登録してあるユーザーに【ACTIVITY】から【Let them in!】をクリックしてもらう

今後の展望

音声を通じてたくさんの人と会話する事ができるアプリ「クラブハウス」は、

新しいSNSとして定着すると思われます。

音声のみのやり取りなので気軽に始められ、

ビジネスとしても使えるのではないか、

という事からユーザーがユーザーを呼び、

クラブハウスは急速に広がっていくだろう。

そして、roomの種類は多様であり、ユーザーの満足度は高く、

しばらくは飽きる事は無いだろう。

ヘイトスピーチを懸念する声もあり、今後の課題となっている。

後に残るものが無い為、取り締まる事が非常に困難である。

未然に防ぐよう、電話番号を登録している人にしか招待できないようにしているという話や、

問題発言をしたユーザーとそのユーザーを招待した人も一緒にアカウントを削除される

という話などを耳にする。

いずれにせよ、今後より強化していく必要がある事は間違いない。

気軽さや豊富な楽しみ方、これからのサービス展開など、

クラブハウスから目が離せない日が続きそうだ。

タイトルとURLをコピーしました