【2021年最新】太る方法を教えます②

HEALTH

体重をもう少し増やしたい、ガリガリと言われたくないと思っている人。
「太りにくい体質だけど、それでも太れるの?」
「具体的な方法や目標設定について知りたい」
「筋トレはした方がいいの?」


この様な疑問に、私の経験を元にお話していこうと思います。
ちなみに、私は2年間かけて体重を10kg増やす事に成功しています。
この記事を読む事で、具体的なイメージができるようになると思います。

スポンサーリンク

体質改善に取り組もう!

体質は変える事が出来ます。

短期間で変える事は出来ませんが、
1~2年ぐらいの長期間で取り組む事で変える事が可能です。
一度体質を変えるとやせにくい体になります。
短期間だと直ぐに元の状態に戻ってしまいます。
いわゆるリバウンドというやつですね。

体質とは? 体の性質

遺伝素因と環境要因との相互作用によって形成される、個々人の総合的な性質。(コトバンクより)

遺伝素因とは、生まれつきという事ですよね。
これは変えれません。

環境要因とは、これまでの育ってきた環境や
現在の生活環境の事ですよね。
これは変える事ができます。

【何を変えるのか】
それは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。
長期間、摂取カロリーより消費カロリーが少ない状態を続ける事で、
白色脂肪細胞という脂肪を蓄える細胞が増殖していきます。
一度増えた白色脂肪細胞は減らす事は難しいそうです。

白色脂肪細胞が増殖するのは思春期までと言われていましたが、
最近の研究によると、それ以降も増える事が確認されています。

つまり、体質は変える事ができます。
太りたいのであれば、長期間、摂取カロリーより消費カロリーが少ない状態を続ける事です。
摂取カロリーと消費カロリーに関する詳しい話が気になる方は、【2021年最新】太る方法を教えます①をご覧ください。

目標を決めて長期的に取り組もう!

目標体重を設定して取り組む事をおすすめします!

目標を数値化する事で、①具体的な計画を立てやすく、
②達成度を把握しやすい、というメリットがあります。

①具体的な計画をたてる
具体的な計画を立てる事により、短期間の目標設定ができ、
その短期間での目標をクリアしていく事で、モチベーションの向上にもなります。
また、長期間での目標が大き過ぎると感じても、短期間で考えていく事で、
ハードルが低く感じ、これなら出来るのではないかと思えるようになります。

②達成度を把握しやすい
達成度を把握する事で、取り組んでいる事に対して成果が出ているのかが分かります。
もし成果が出ていないようであれば、
やり方を見直したり、新たなやり方に取り組んでいく必要があります。

目標体重の設定方法

標準体重がBMI(Body Mass Index)が22になる体重
と言われているので、BMIが22になる体重を目標に設定しましょう。

BMI=【体重(kg)】÷【身長(m)の2乗】で算出されます。
つまり、目標体重=【身長(m)2乗】×22
で計算できます。

ここまでで目標体重が出ましたね。
では、どれぐらいの期間で取り組んでいくのかお話します。

3ヵ月で1kg増やすペースで取り組んでいきましょう。
つまり、目標体重が4kgの人は1年、8kgの人は2年
という事になります。
このペースだったら何とかやっていけそうですね。

これで、目標とする体重と期間が決まりました。
無理無く確実に成功させる為には、
この目標設定は非常に重要です。

スポンサーリンク

筋トレはした方がいいの?

筋トレはした方が良いです。

体の使い方を変えていく必要があるからです。
どのように変えていくのかというと、
短時間で強負荷のトレーニングを行うようにし、
普段の生活でもその様に動くよう身に付けていきます。
つまり、有酸素運動はあまりしない方がいいです。

負荷量に関しては、10RMで行うようにしてみてください。
RMとは、「ある重さに対して、何回反復して行う事ができるのか」
を表す値です。少ない程、強度が強いという事になります。
10RMは、10回ぎりぎり行える負荷量の事です。

最初は15~20RMを2~3セットで始め、
トレーニングに慣れてきてから、
少しずつ負荷を上げるようにしてください。
出来そうであれば、5RMでトレーニングする事をおすすめします。

【2021年最新】太る方法を教えます①で、
筋トレをすると基礎代謝が上がり太りにくくなる、
と説明しています。
筋トレのし過ぎには注意するようにし、
短時間で終わらせるようにしてください。
あくまで、体の使い方を身に付ける事が目的です。

体重を増やして分かった事

完全に経験談でお話します。

10kg体重を増やした事により、変化した事が色々あります。
良い事だけでなく、悪い事もあります。
あくまで私自身の経験談なので、
みなさんに当てはまるとは限りません。

良かった事

・「がりがり」と言われなくなった
・「幸せそう」と言われるようになった
・「もっと食べなよ」と心配されなくなった
・「出世した?」と聞かれる事が増えた
・自分に自信がつき、説得力が上がった
・短時間で集中して働けるようになり、残業が減った

スポンサーリンク

悪かった事

・汗をかきやすくなった
・疲れやすくなった
・中性脂肪が増えた
・食べ物に対する出費が増えた
・肌荒れが増えた
・服のサイズが変わった

良かった事としては、周囲の人達の反応が変わりました。
体重が増えた事に関して、非常に好印象でした。
悪かった事としては、自分の体へ変化が起きました。
痩せていた頃の方が体調は良かったです。
健康診断が怖くなりました。
体調面に関しては課題が残る結果となりました。

といった様に、悪かった事もありましたが、
体重を増やした後の生活の方が圧倒的に「楽」です。
頑張って体重を増やして本当に良かったと思っています。

コメント

  1. […] 続きはこちら【2021年最新】太る方法を教えます②をご覧ください。体質改善の方法、目標設定について、筋トレについて、体験談といった内容を掲載しています。 […]

タイトルとURLをコピーしました